pubicare Salon
お手入れ方法

How to care お手入れ方法

How to care お手入れ方法

デリケートゾーンの正しいお手入れを知っていますか?特別な部位だけに、ケアの方法も他のボディパーツとは違うんです。
正しいお手入れをしていると、ニオイ、ゴワつき、黒ずみなどのお悩みから解放されるはず。
女性らしいデイリーケアとして"デリケートゾーンケア"を。まずは「洗う」「保湿する」「清潔にする」ことから始めましょう。

soap

ソープで正しく洗う

膣の中まで洗う必要はありません。1日に何度も洗いすぎないようにしましょう

1プッシュのソープをしっかり泡立ててお使いください

1プッシュのソープをしっかり泡立ててお使いください

デリケートゾーンに合わせたpH 値設計のやさしいソープ

デリケートゾーンに合わせたpH 値設計のやさしいソープ

1.たっぷり泡立ててIゾーンの内側から外側に向かって 2.デリケートゾーンを手で優しくなでるように洗う 3.お尻を泡で優しく包み手で割れ目をこするように洗う

デリケートゾーンを清潔に

気になるニオイの元はたまった老廃物が原因。デリケートゾーンは様ざまな分泌液が排出される場所なので
老廃物がたまりやすいんです。 特にIゾーンのヘアに付着した老廃物はきちんと洗浄し常に清潔に保つことが大切です!
Iゾーンのヘアをなくすことで老廃物がたまりにくくなるので、ニオイの元の軽減になります。ゴシゴシ大まかに洗うのではなく、デリケートゾーンは複雑な形状なので優しく手ですみずみまで洗いましょう。

milk

ミルクで保湿ケアを

ヘアにもみ込むようにして塗るとゴワゴワ感が軽減します。

パール大の量でマッサージするようにお使いください

パール大の量でマッサージするようにお使いください

肌なじみがよいのでお尻全体にも

肌なじみがよいのでお尻全体にも

1.パール大くらいの量を手に取る 2.Iゾーンの内側から外側、そけい部にかけて塗る 3.そけい部は念入りに 4.Vゾーンも毛に馴染ませるように 5.おしりにも割れ目にそってのばして塗る

デリケートゾーンの保湿

デリケートゾーンもお肌です。しかも、トイレットペーパー、ウォシュレット、ナプキン、ランジェリーなどの摩擦や刺激にさらされる場所なので、お顔以上に優しくお手入れをしなければなりません。
そのためには"保湿ケア”がマスト。乾燥もしやすい場所ですし、しっかりと保湿をしていれば黒ずみの軽減にも効果的です。
また、年齢とともに肌からのハリが失われるので十分な保湿で透明感のあるハリのある肌に導きましょう。

cotton

コットンワイプでいつでも清潔に

前から後ろにむかってふいてください。

化粧水を含んだオーガニックコットンでいつでも清潔に
コットンワイプ

化粧水を含んだオーガニックコットンでいつでも清潔に

1.外出先で 2.不快な時に 3.汚れが多くなる妊婦さんに 4.お泊りの時に 5.ヨガ、ダンス、スポーツの後に

どこへでも持ち歩けるエチケットアイテム

1日中外出していると汗や分泌液などで恥垢(ちこう)が溜まりやすいデリケートゾーン。常に清潔にすることで、ニオイ、ゴワつき、ムレなどの気になる不快感が軽減されます。
そこで、いつでもどこでも清潔に保ちたいときに重宝するのが携帯用コットンシート。特に生理中はナプキンでムレやすいので、コットンシートでお肌を優しくリフレッシュするのがおススメです。女性のたしなみとしてポーチに忍ばせておくと便利なマストハブアイテムです。
*オーガニックコットンなので、トイレに流すことはできません

Facebook

オフィシャルFacebookページで情報発信中です

Pubicare Facebookページはこちら

撮影協力:La Vie en Fleur(ラヴィアンフルール)

pagetop